筋トレ中の食事は大切!

筋肉と食事、筋トレと食事は切っても切り離せなほど大事な関係です。食事も大事な筋トレの一環です。食事をどうとるか、どんな食事をとるかで筋トレの効果はかなり変わってきます。筋トレの効果を最大限に発揮するための食事方法をご紹介!

 

筋トレにはタンパク質は欠かせない!

筋肉はタンパク質から構築されているのは知っていますか?よく、ダイエット目的や細マッチョになりたいからといって、水だけダイエットをしながら筋トレをして筋肉をつけようとしている人もいるみたいですが、逆効果です。水だけじゃ栄養は全然足りませんし、おなかがすいてリバウンドする可能性も大です。

 

食事、とくにタンパク質をしっかりとることで筋トレの効果がより実感できると思います。筋肉を維持したりつけたりするなら、タンパク質の摂取がとても大事になります。プロのボディビルダーは、トレーニングの前後にプロテインやサプリメントを飲んでいますよね。これは食事で補いきれないタンパク質を補うためです。

 

食事では、魚や肉、卵などみなさんがよく食べるものに含まれています。ダイエット中でも肉だけは食べる!という筋トレマスターもいるそうです(笑)

食べなきゃ動けない!炭水化物

お次は、筋肉を動かすために必要なエネルギーである、ブドウ糖。ブドウ糖は炭水化物に多く含まれますので、炭水化物を食べることは必須です。炭水化物抜きダイエットなんかも流行したこともありますが、女性はただでさえ男性よりも体力がないのに、無理に炭水化物を抜きすぎることで貧血で倒れる女性もけっこう多かったんだとか。

 

炭水化物は《主食》と呼ばれるように、体を動かすためには欠かせないんですね。筋トレはハードなトレーニングなので、エネルギーである炭水化物を摂取しないのにきついトレーニングはできません。ガソリンがないのに走ろうとしている車くらい、無理をすることになります。

 

しかし炭水化物は太りやすいことでも有名ですね。筋トレの具合によっては、トレーニングで体を動かしている分のエネルギーを摂取するのであれば問題ありませんが、筋トレをしているからといって炭水化物の取りすぎは禁物です。

筋トレをするならしっかり食事をとってから

タンパク質や炭水化物だけでなく、ビタミンBやビタミンCなどの他の栄養素も必要です。体はいろいろな栄養素を摂取してこそ、うまく働くので理想の体型になりたいがために食べないダイエットをするのは禁物です。

 

そして筋トレをして細マッチョになりたいという人はとくに食事はしっかりとりましょう。トレーニングに食事は必須です。栄養バランスを考えた食事をしっかりととるようにしましょう。補いきれない栄養素はサプリメントに頼っても良いでしょう。メタルマッスルHMBなどの栄養がしっかりと入っているものをおすすめします。

 

1日3食、きっちり食べることが大事です。朝ごはんは抜きがちかもしれませんが、朝を抜くと体がうまく機能しないために、せっかく筋トレをしてもなかなか筋肉がうまくつかないので、しっかり食べてしっかり動く、を目標にしましょう^^