筋肉痛のときは筋トレは中断しよう!

筋トレを頑張っているみなさんにはつきものの、≪筋肉痛≫。みなさんは筋肉痛があるときにも筋トレをしていますか?いつまでも筋肉痛が消えなくて困ったことはありませんか?今回は筋トレで起こる筋肉痛について、いろいろと調べてきましたのでみなさんにもご紹介していきたいと思います。

 

筋肉痛とは?

筋肉痛とは経験した人であればわかると思いますが、名前の通り、「筋肉が痛い」という症状です。黙っていれば大丈夫という人もいますし、筋肉を動かすことで痛みが出るという人がほとんどだと思います。筋肉痛とは、トレーニングをしたあとの筋肉の痛みだけをさすものではなく、打撲や肉離れなど、筋肉が痛みを伴っていることすべてを指した言葉です。

 

よく使われる、トレーニングのあとの傷みのことをさす筋肉痛ですが、「遅発性筋痛」と呼ばれます。この構造についてはあまりよくわかっていないようですが、簡単にいうと筋肉が炎症を起こしているために痛みを感じると理解すれば大丈夫です。

筋肉痛が遅れてくる理由は?

年を取ると筋肉痛が遅くなってからくるというのは聞いたことがありませんか?若くてすぐに筋肉痛が起きるという人ですら、翌朝に感じるという人がほとんどだと思います。筋肉痛は、筋肉が修復するときに起こる痛みなので、この修復が早いか遅いかという問題です。

 

普段から運動している人であれば修復もはやく、筋肉痛も起こりにくい、または起こってもすぐに修復されるためにすぐ痛みがきます。しかし普段から運動していない人であれば修復に時間がかかるので、痛みも遅れてくるというわけですね。

筋肉痛のときに筋トレはしていいの?

基本的に、筋肉痛を感じているときには筋トレは控えた方が良いでしょう。炎症が起きて、筋肉を回復しようと頑張っているときなので、筋トレをして負荷をかけるとまた回復が遅くなってしまいます。炎症がおきている状態ではいつも通りに筋トレすることも難しく、痛みを伴うので、無理をしすぎると肉離れになって何もできない状態にまでなってしまいます。

 

筋肉をうまく発達させるには、筋肉をある程度休憩させてあげることも必要です。その期間を筋肉痛が起きている期間にするというのもいいでしょう。

筋肉痛を早く治したい!!

筋肉痛を早く治したいのであれば、無理に動かないで休むことがいちばんの近道です。また筋肉に必要なタンパク質をいつもより多めに食事やサプリメントでとるのが良いでしょう。サプリメントであればメタルマッスルHMBがおすすめですね。

 

またしっかりたべて、しっかり睡眠をとることで自然に回復していきます。

 

筋肉痛を起こさないためには普段からある程度の運動を続けることや、運動する前に身体を柔らかくするために、準備運動やストレッチを行うこと、そして運動後に使いすぎた筋肉を冷やしてアイシングしたり、運動後につかった筋肉をじっくり伸ばしてあげることも大事です。

 

筋肉痛がおきているというのは筋肉をうまくつかって筋トレできているという証拠なので、痛みはつきものですが、繰り返して頑張りましょう!