筋トレをする時間とは?

筋トレをするのに良い時間帯があるって知っていましたか?もちろん自宅であればいつでも時間を気にせずに筋トレできますし、仕事や家事があるのでいつも決まった時間帯になんて無理!という人もいると思います。しかし筋トレの効果をより引き出すためには、おすすめの時間帯というものがありますので、まずはご覧ください!

 

筋トレを避けた方が良い時間帯とは?

筋トレをするのに避けた方が良い時間帯があるということは知っていましたか?いつもはそんなこ気にせずに筋トレをしているという人が大半だと思いますが、こちらをぜひ知っておいてほしいと思います。

  • 食後すぐ
  • 空腹のとき
  • 寝る直前

どうしてこの3つのタイミングで筋トレするのはだめなのでしょうか?筋トレをこの時間帯にしてはいけない理由をご説明します。

食後すぐの筋トレがだめな理由

 

食べた後の身体は、消化を始めています。そして胃には血液が集まります。食べた後すぐに筋トレを始めると胃に集まるはずの血液が筋トレをすることで負荷のかかる部位に分散されていくそうです。つまり消化に必要な血液が足りなくなるので、胃がうまく働くことができず、負担になってしまいます。

 

食べた後すぐに走ったり運動したりして、おなかが痛くなった経験はありませんか?それはこの働きがうまくいかないことで、胃で消化不良が起きているせいです。筋トレをするのは食べた後すぐではなく少し休んで、消化が収まってからにしましょう。

空腹のときに筋トレがダメな理由

空腹のときの身体は血糖値が低下しているうえに、身体に必要なエネルギーが不足しています。エネルギーが足りていない状態で筋トレをしてしまうと、せっかく鍛えた筋肉を分解してそこからエネルギーを作り出します。

 

つまり空腹のときに筋トレをしても意味がないということです。せっかく筋肉を増やすために筋トレをしているのに、エネルギーが使われるために筋肉が分解されるというのは無駄なことをしている気になりますよね。

 

また空腹時には身体が弱っていると脳が勘違いし、そこから無理に身体を動かすと貧血になったりめまいがしたり体調を崩す可能性もありますので、しっかりご飯をたべて少し休んでから筋トレをするようにしましょう。

寝る直前に筋トレをするのがダメな理由

寝る直前に筋トレをすることで、交感神経がはたらいてしまい、そのせいで寝つきが悪くなってしまいます。明日の朝が早いのに全然眠れない、、、なんて日もありませんか?これは交感神経のせいも考えられます。

 

寝つきが悪いと睡眠の質も下がってしまい、長時間寝ているのに疲れがとれないということになります。睡眠が浅いと、筋肉の成長に欠かせない、成長ホルモンもあまり分泌されなくなってしまいます。

 

寝る前にはゆったりとストレッチしながら、身体を休めましょう。ハードな筋トレは避けるべきですが、ストレッチは身体にも必要ですし、身体もリラックスすることができるので、おすすめです。