クレアチンの摂取タイミングはいつ?

トレーニングやスポーツの前には摂取しておきたいクレアチン。しかし、クレアチンの摂取タイミングは本当に運動前が適切なのでしょうか?

 

適切でない摂取タイミングでクレアチンを摂取しても、あまり意味がありません。クレアチンの摂取タイミングで一番適しているのはいつ頃なのでしょうか?

 

吸収の効率を高めるのにオススメの摂取タイミング

クレアチンは少量でも代謝した結果、大きなエネルギーを得ることができます。

 

そのため、イメージとしては運動やトレーニングの前に摂取タイミングを設けることが適切のように感じやすいと思います。

 

しかし、クレアチンはインスリンというホルモンで、血中から筋肉に運ばれます。このインスリンは、糖分を摂取した時に分泌されます。

 

糖分、この場合は炭水化物も同様です。なので炭水化物を摂取できる食後が、クレアチンの摂取タイミングに適しています。

 

また、プロテインにも成分の吸収をよくするために糖質が配合されているものがあるので、一緒に飲むと効率よくクレアチンを摂取することができます。

 

プロテインを選ぶ際にはクレアチンと一緒に飲むことを考えて選ぶのもいいのではないでしょうか。

クレアチンの接種の仕方

市販されているクレアチンは、個包装になっているパウダー状のものが多いです。クレアチンのパウダーは水に溶けにくく、飲むのが大変な場合があります。

 

なので、先程紹介したプロテインと一緒に飲む方法や、100%果汁のジュースと一緒に飲む方法などが、ある程度溶けていなくても飲みやすいと思います。

 

一度に飲むのではなく、数回に分けて飲むのもいいでしょう。

 

錠剤タイプならいいですが、パウダータイプは喉にくっついてしまうと、苦しい思いをすることになるので気を付けてください。

 

クレアチンを扱った商品

薬局で売られているクレアチン商品の一例を紹介すると、「アミノプロ」という商品があります。

 

アミノプロはアミノ酸、9種のビタミン、クレアチンに加えて、糖質などの成分も含まれているので、吸収効率を考えてくれている商品となっています。

 

しかし、アミノプロはパウダータイプの商品なので、飲みやすさを考えると少々大変な面があります。

 

通販商品では「メタルマッスルHMB」という商品があります。メタルマッスルHMBは錠剤タイプの商品となっているので、飲みやすさの面から見ても問題ないでしょう。

 

こちらも糖質を含んでいるので吸収効率に関しても問題ないと思います。

 

クレアチンを扱った商品は様々ありますので、飲みやすさ、吸収効率を考えている、この二つの観点から見て買う物を選ぶといいと思います。

 

また、今回紹介した効率のいいクレアチンの摂取タイミングも合わせてクレアチンを摂取すれば、より効果的なトレーニングができます。

 

せっかくクレアチンを摂取してトレーニングするのなら、効率の良さを追求して使用するのがベストだと思います。是非、活用してみてください。